MENU

院長のつぶやき

あべのハルカススカイランにエントリー

あべのハルカススカイランにエントリーしました。垂直階段登り1561段を駆け登る冷静に考えるとおかしな大会です。でもなぜか駆け上ってみたくてエントリーしてしまい、金剛山の階段登りを練習として登っています。12月11日に向けて頑張ります。

平和のありがたさ

先日の日帰り弾丸韓国ツアーで感じたことを少し書いてみます。やはり韓国は準戦時体制なのか、迷彩色の軍服を着た若者が町の中に見かけることができ、鉄道の駅も地下7階というシェルターとしても使える深さでした。またソウル城郭を歩く時はパスポートを見せないといけないし、城郭の所々には腰にピストルを付けた警備兵が目を光らせていました。日本に普通に生活していると全く戦争はみじかに感じませんが、お隣韓国では戦争は直ぐそばに存在するのだなあと肌で感じ、平和のありがたさを改めて考えさせられました。

弾丸ツアー

今週休診日の木曜日に、韓国に弾丸ツアーに行って来ました。国外に行くのは20年以上ぶりでそれも初めての韓国、朝7時40分発のピーチ航空に裕美先生と乗り込み機上の人となりました。2時間弱で仁川国際空港に到着し、昼まえ高速鉄道でソウル駅に。地下鉄で仁寺洞(インサドン)という韓国らしい町に向かい少し散策して、インフォメーションの韓国美人に薦められたレストランで韓定食をいただきました。本場のキムチはむちゃくちゃ辛く、特に緑の唐辛子のキムチは口の中が火傷しそうでした。でもお隣の韓国マダム達は和かに談笑しながら残さず食べていました。その後世界遺産宮殿の昌徳宮(チャンドックン)、昌慶宮(チャンギョングン)を見学してタクシーで彰義門(チャンイムン)へ移動し、今回一番行ってみたかったソウル漢陽都城を歩き、白岳山(ペガクサン)の山頂にたどり着きました。ソウル駅までは観光客には難易度の高いバスに乗ってしまい戸惑ってしまいましたが、帰りの飛行機に間に合うように空港に到着し帰国できました。とても慌ただしい旅行でしたが、お隣の国韓国のほんの少しが垣間見れた様で楽しかったです。

星降る夜

水曜日の夜、自宅に帰ると家族は、火星大接近で庭に出てやや興奮気味に火星を見ていた。そうだ星を見に行こうと思い、食事をして寝袋を車に積み込み長男と以前から行ってみたかった大台ケ原へ向かった。日付けが変わる頃に到着、駐車場には10数台の車が止まり2~3人の方が天体望遠鏡で星を見ていた。早速車から降り、空を見上げると快晴の空に無数の星が自分達に降り注ぐように瞬いていた。季節外れの寒波が到来し、寒さと風には閉口したがその分空気は澄んで、一段と星空は美しかった。😄車のスライディングルーフを開け、星空を見ながら寝袋にもぐりこみ熟睡。4時起床、眠たい目をこすりながら日出が岳の山頂より御来光をのぞみ、満開のシロヤシオに見送られながら帰途に着いた。天の川が見れて良かったなあ😸🐶👍

ももとワンラン👍

3/21午後診察終了後、金剛山に登り帰宅するもまだ日没までかなり時間があるので、愛犬ももちゃんとランニング散歩にでかけました。お天気も良くタンポポや、オオイヌノフグリも咲き乱れとても気持ちのよいランニングになりました。ももは最後は少しバテていましたが、小川の水で喉を潤してからはまた、元気を取り戻し残りの距離を良く走ってくれました。皆さんも是非ワンちゃんとのランニング(ワンラン)を楽しんでみてはいかがでしょうか。🐶