MENU

ペットクラブ

第211回「我が家に仔猫がやってきた」

 我が家に仔猫がやってきました。最愛なるにゃんこさんを亡くして2ヵ月半、なんだか新しい子を迎える気持になれなくて、高齢だとはわかっていても、なんとなくまだまだ一緒にいられると思っていたのです。初詣でも今年も一年元気で過ごせますようにとお願いしているようで、一緒に過ごせると確信していたのです。まさか半年後別れが訪れるなんて、これっぽっちも思っていなかった。異常に気付いたのは一月も中旬、ほんの小さな変化でした。それからいろいろ、いろいろあって半年後、家族全員に見送られにゃんこさんは逝ってしまいました。15歳でした。

 そして2ヵ月半!我が家に仔猫がやってきました。完全なる猫ちゃん欠乏症候群の我が家の面々、入れ替わり立ち代わり仔猫を見に来ては“可愛いなあ”“可愛いなあ”とデレデレ(笑)。

 すごいな~と思います。ま、先代さん(にゃんこさま)とついつい比べて“にゃんこさんはやっぱり賢かった”とか“もう二度とあんなに賢いこには会えない”だの言ってしまうけど、かたや15歳かたや1ヵ月半‥あはは、まだまだのびしろがあると期待しています。本当にいろいろいろいろあって、心の葛藤があって、最後まで沢山の事をにゃんこさんには教えてもらいました。この世 この時この場所でピンポイントでにゃんこさんと出会えたことに感謝です。優しい顔してデレデレの家族の面々、無邪気に遊ぶ仔猫、ごろごろ言いつつねむる小さな仔猫、猫も幸せ。人も幸せ。 ず~っと楽しく暮らそうね。にゃんこさん、見守っていてくださいね。

川端 裕美

第210回「マムシに注意!」

 ある日、我が家のモモちゃん(ラブ♀9歳)が“びっこをひいている!”と大騒ぎの飼い主さん(=院長)“いつもあっという間に完食するはずのご飯を食べない!”ともう死んでしまうと言わんばかり(笑)さっきまで普通にしていたのに、そんなにたいした事あるかいな‥と 私。しかし院長は既に“どこが痛いんだ?(あっちこっち触診中)腋の下か?肘か?リンパ節 がどうだ、いや肘が痛そうだ”などと。“もしかして○○かも、いや××かもしれん、あ~心配だ。大丈夫か?モモちゃん、ラブは腫瘍も多いしな~はあああ”かなり迷走中の御様子(笑) まあまあまずは落ち着いて。翌朝見事に指が腫れ上がっていました。(あれ?院長肘とか言ってなかった?)病院に連れて行き血液検査とレントゲンをとり、局所の処置。毛刈をすると指 はパンパンに腫れ上がり変色し、付け根には傷が。全く鎮静麻酔なしでここまでさせてくれる のはモモちゃん流石!血液検査はCRPがぶっちぎりの高値を叩出した以外は特に異常なし。 レントゲンも大丈夫でした。結果“有毒な虫かへびに要らんチョッカイをだしてやられたので しょう。”という事に。私的には実はセミの祟りじゃないか?と密に思っているのです。 (庭に出てくるセミの幼虫に片っ端からチョッカイだして‥)
 ま、それはさておき、これから秋口までマムシの咬傷によく遭遇します。皆さんもくれぐれ も気をつけて下さいね。下手すると命にかかわることもあります。あ、その後モモは良くなっ て、毎日元気にご飯を食べてセミにチョッカイかけています。

川端裕美

第209回「誰が一番?」

 ある日ふと考えた‥。この時期我が家で一番働き者は、この目の前でまわっているセンプウキさんではなかろうか?対抗馬として筆頭はやはり我が家の大黒柱!院長。院長は朝から晩まで仕事をしています。主に小動物臨床(あはは‥皆さん言わずもがな!ですね)皮膚科から小児科、眼科、歯科、内科全般、腫瘍やら、あれもこれもやってます。日曜日は研究会やセミナーに行ったり行かなかったり。唯一のお休みは朝もハヨから山に行ったり走ったり。かなり強敵です。第3コーナーは50才になった主婦HIROMI、朝は5時から弁当作ったり 、寝過ごしたり。何回も起こして起きない子供たちに激怒モードで朝から全開!あれやこれやで仕事に行って 、手術があったりなかったり。夕方は塾だ稽古だ送り迎えだ夕飯だ。夕飯は、7時頃第1回小学生から始まって、日によって11時近くまで5回に分かれて食事。煮物などなら良いものの、炒めものなど5回も火を通せば最後はビチャビチャ“これ‥何?”みたいな(笑)働いてんだか働いてないんだか、最近は微妙です。各馬 一斉にスタート!やはりトップは扇風機さん!何たって朝から晩まで、下手するとそのまま晩から朝まで、こちらがうたた寝してる間も首をふりふり働きづめです。超暑がりの私、もう扇風機さんなしではこの時期過ごすことができません。やはりこの時期一番は扇風機さんに決定!!
 まだまだこれから暑さも本番。みなさん身体に気をつけて今年も夏を乗り切りましょう。8月は病院のお休み期間があります。HPにてご確認下さいね。

川端 裕美

第208回「花・喜ぶ・母・喜ぶ」

 ももちゃんとお散歩。よい花の香が漂ってきます。これはスイカズラ。特別植えた風でなく、 つる性低木で、まあ雑草(木)と言ってしまえば雑草(木)。しかしこれがなんとも甘い芳香です。 名前しか知らないので、帰って植物図鑑で調べてみると、普通に分布、生育地の記載があり、(興味なし・笑)後の方に備考、用途、名前の由来エトセトラ。これが面白い。“昼より夜の方が芳香が強くなるのは花粉を媒介する夜行性の蛾を呼ぶため。”とか“若い葉は食べられる。乾燥すれば 忍冬茶、酒に漬ければ忍冬酒。”とか“名前の由来は子供たちが花の奥にある蜜をよく吸ったから ”とか。“中国名は忍冬、冬にも忍び緑を保つから。”とか。面白いですね。足元を見ればドクダミが 花盛り。これは良く知られた薬草。下手に足を踏み込もうものなら独特のくっさ~い匂いが!良薬は口に苦し、鼻に臭し?毒や痛みに効く故に“毒痛み”転じてドクダミ。消炎、利尿、緩下など10もの薬効があるとやら十薬とも呼ばれるとか。ドクダミと一緒に花を競っているのはご存知シロツメクサ、ムラサキツメクサ。実はその足元に小さな小さな黄色のコメツブツメクサが生えているのをご存知でしょうか?ちょっと上方に目をやれば、綺麗な紫ノアザミ、黄色はブタナ。そっくりなヒメジョオンとハルジオンの見分け方知っていますか?茎を折るとわかります。上を見ればマタタビの葉が一部真っ白に変化しています。これは“花が咲いたよ”というマタタビからのメッセージです。ほんの少しのお散歩時間ですが、花がいっぱい楽しい季節です。

川端 裕美

第207回「なぬ?ナノバブルオゾン?」

 先日トリマーさん曰く“ナントカというシャワーを使って見たい。そのナントカは結構巷に普及していて、どうやら大変良いらしい”と。まあ美容に関してはめっぽう 弱い私達、調べてもらうとデモ機があるらしい。早速申し込んで只今デモの真っ最中。ナントカとはオゾンのシャワーとオゾンの泡風呂とジェットバス。要は①空気中の酸素からオゾンを作りだし、超微細気泡化しナノバブルオゾンを作る。②ナノバブルオゾンが汚れや雑菌を分解洗浄する。③ナノバブルオゾンは全て空気に戻り、環境を汚染せず、残留毒性もなく安全。という事らしい。トリマーさんの使用感としては①汚れの落ちが断然違う。②毛のハリ、ツヤ、コシ毛吹き感が大幅UP←。なんたってわんちゃんが気持ち良さそう。そしてそしてメーカーさん曰く“皮膚病の子の皮膚には断然良い”とか。お試し頂いたオーナーさんからの評判も上々のようで、只今導入を検討中です!乞うご期待。
 そんなこんな話す中、トリマーさん曰く、自分は病院スタッフと飼い主さんの間に立つ存在であり、どちらかと言えば飼い主さんと同じ側にたって飼い主さんの意向を共有したいと思っている。トリミングに来てくれる子は全て自分の子と思い、出来ることはみんなしてあげたい。なんでも本音で相談して欲しい。これが当院で十数年トリマーとして働いてくれている彼女の本音です。立ち位置や向いてる方向は微妙に違ってもスタッフ皆が願うのは全てのペットと飼い主さんの幸せな生活です。どうぞ相談してくださいね。彼女たちはみなさんの味方です。

川端 裕美